リンパケアセラピスト資格
通信講座リスト

リンパケアセラピストの通信講座ではリンパの流れの促進を取り入れたケアが習得できます。リンパとは、静脈に沿って網目のように張り巡らされた「リンパ管」と、その管の中の流れる「リンパ液」、そして脇の下や鎖骨などに存在する「リンパ節」の総称のこと。老廃物を集めて排出する役割があり、細菌などから体を守る免疫にも深く関わっています。
このリンパをトリートメントなどでケアすることでその流れが促進され、体をリフレッシュさせる効果が得られます。
リンパケアセラピストの資格種類には次のようなものがあります。

リンパケアセラピストとは

体内に溜まった余分な水分・老廃老廃物を排出することで、血行が良くなったり内臓機能の改善や冷え性むくみの解消になったり体にプラスの影響を与えてくれますよね。この肌をさすったり、ツボを刺激したりすることでリンパや血液の流れをスムーズにすることがリンパケア。リンパケアには、その他に美肌・デトックス効果があると言われています。このように、リンパの流れやオイルについての知識・技術を身につけた人がリンパケアセラピストなのです。

アロマオイルを使用する施術は、臭覚と触覚に直接アプローチするため、リラックスや疲労回復にも最適です。リンパケアセラピストになるとリンパドレナージというリンパマッサージの基本を覚えたり、精油についての知識を身につけたりします。

また、資格を取得することで、リンパマッサージを行っているリラクゼーション施設やサロンなどへの就職もしやすくなりますよ。さらに、リンパケアは、ヨーロッパやアメリカでは医療機関や福祉施設など様々な場所で行われている施術になります。

このようにリンパケアセラピストになると、就職だけではなく自分自身を癒したり、家族の日々の疲れを癒したり日常生活中で大きなメリットになります。

リンパケアセラピストの仕事

リンパケアセラピストになると、トリートメントスキルやアロマの知識を持つことで、プロとして転職・独立開業など幅広く活躍出来ます。仕事の特徴としては、エステからリラクゼーションなどの各サロン、フィットネスジムまで幅広くあります。

リンパケアセラピストの仕事内容は、リンパドレナージュとしてリンパの流れに沿ってマッサージを行い、体内のリンパ管に働きかけることです。問診を行いどこが痛いのか、何に悩んでいるのかを正しく理解し、その人の症状にあった適切な施術を行います。そのため、お客様との間に信頼関係を築くことが大切になってきます。

リンパケアセラピストの雇用形態には、正社員から契約社員、パート、アルバイトまで様々です。正社員の場合月給は、全国平均で20万~50万円。首都圏に勤務する正社員の方で平均年収は300万円弱となっています。

また、リンパケアセラピストの特徴としては、資格を条件とする求人よりも経験者を優遇する求人が多い傾向にあると言うことです。そのため、特に大手のサロンの場合には、給与に歩合制やインセンティブを取り入れた指名手数料を加算するサロンもあります。売上に貢献すればするほど重宝され収入が上がるという事例も多くあるようです。

リンパケアセラピストになるには

リンパケアセラピストの資格は、日本能力開発推進協会が認定する教育機関で教育訓練を行ったあと、全カリキュラムを修了した人が受講することが出来ます。実務経験などの受験資格はなくても、誰でも安心して受験することが可能です。

リンパケアセラピストの通信講座での学習内容としては、主にリンパドレナージュの基礎や精油について、さらにはホールディングやエフルラージュなどリンパドレナージュの基本的なテクニックも学びます。通信講座の標準学習時間は、5カ月で受講費用は4万円ほど。全カリキュラム終了後、在宅にて受験することが出来ますよ。

試験内容は、人体の仕組みやオイルに関する基礎知識(種類や効果、効能など)、さらにはオイルトリートメントに関する内容が問われるようです。

特に子育てや仕事などで時間が無い方、土日しか時間がなく忙しい方などにはとっては、在宅にて受験出来ますので助かりますよね。合格基準は70点以上で、受験料は5600円。また、試験時期は随時受け付けられていますので、いつでも受験することが可能です。

仕事や家庭を両立したい方にとっては、隙間時間を有効活用出来る通信講座がおすすめです。テキストでは項目別にわかり易い内容でDVDでも丁寧に説明されていますので、初めての方でも勉強しやすいですよ。

リンパケアセラピストの種類

フェイシャルリンパケアセラピスト
フェイシャルトリートメントによる癒し効果とクレンジングや洗顔のテクニックを習得した資格です。
顔だけでなく体の構造やツボなど多岐にわたる知識が必要となります。
リンパケアスペシャリスト
「リンパケアセラピスト資格」と「メディカルハーブセラピスト資格」を同時取得。
オイルを使った手技でリンパの流れを整え、ハーブを用いて体の内側から美容と健康を促進します。
ヘッドリンパケアセラピスト
頭皮ケアやツボ、解剖生理学やクライエント対応などの知識と技術を備えた資格。
特に美容院などの美容関係の仕事に活用でき汎用性の高いのが特徴です。

ここでは、気軽に始められる大人気のヘッドリンパケアセラピストの資格がとれるおすすめの通信講座をご紹介します。

ヘッドリンパケアセラピスト
通信講座でおすすめの3選

キャリアカレッジジャパン:ヘッドリンパケアセラピスト講座

資格取得までの費用36,000円(税別)
最大サポート期間 700日

キャリアカレッジジャパン

頭皮ケアやツボなどヘッドトリートメントをサロン開業レベルまで学べる講座。
美容院など美容関係の仕事に活かせる幅広さがあります。
修了後には「ヘッドリンパケアセラピスト資格」と「アロマテラピスト資格」の両方が取得可能。
出産準備中の女性、子育て中の忙しい女性のために、最大サポート期間が長く設定されているのもポイントです。

キャリアカレッジジャパンの
公式サイトを見る

グローバルボディケア:ヘッドリンパテクニカルセラピー講座

資格取得までの費用42,000円(税別)
最大サポート期間 1~3ヶ月

グローバルボディケア

シワやくすみなどへのアンチエイジング効果があるフェイシャルトリートメントについて、必要な理論やテクニックが学べます。
一人ひとりの肌質や症状に合わせたオイル選び、オイルのブレンド方法が身につきます。

グローバルボディケアの
公式サイトを見る

たのまな:ヘッドヒーリングケア講座

資格取得までの費用49,000円(税別)
最大サポート期間 受講開始から修了まで

たのまな

頭部の筋肉や頭皮などヘッドケアに限定せず、首や肩もしっかりほぐす約20分でできるケアが習得可能。
専用教材として3種のへアジェルが付属しており、アロマによるリラックス法も学べます。

たのまなの
公式サイトを見る