アニマルセラピストについて

柴犬

アニマルセラピストになるためには、動物の訓練やセラピーをする相手との対応法といったさまざまな知識と技術を学ばなければなりません。

アニマルセラピストとはどんな仕事なのか、アニマルセラピストになるにはどういった勉強や資格が必要なのかまとめてみました。

アニマルセラピストってどんな仕事なの?

動物との触れ合いを通じて他人に癒しを与える仕事

アニマルセラピストとは、名前のとおり動物で相手の心に癒しを与える仕事です。かわいらしい動物たちとの触れ合いは、心が疲れてしまった人、病気などで深く悩んでいる人の気持ちを解きほぐす効果を持っています。

心が傷ついている人にとって、人間との触れ合いが常によいものだとは限りません。色々な事情で人との触れ合いが嫌になってしまった人には、しゃべらない動物との触れ合いのほうがストレスを軽減できる場合もあるのです。

仕事内容は、癒しを必要とする場所に動物を届け、様子を見ながら相手と触れ合わせることです。普段からセラピーに向いた動物を選んで訓練したり、動物にストレスがかかりすぎないように調整したりする知識も求められます。移動そのものをストレスに感じてしまう動物も多く、動物と人にも相性の良し悪しがあるので、観察力が大切な仕事です。

主な職場は病院や介護施設

アニマルセラピストは、高齢者や難病の患者さん、不登校や引きこもりの子ども、いじめ問題等で心が傷ついている人などさまざまな人を相手にセラピーを行います。フリーランスのアニマルセラピストなら呼ばれれば個人宅にも行きますが、多くの場合、職場は病院や介護施設、学校です。

アニマルセラピストは、専業だけでなく施設の職員がアニマルセラピーの勉強をして、兼任でセラピストとして仕事をしている場合もあります。

アニマルセラピストになる方法は?

アニマルセラピスは誰でもなれます。しかし、アニマルセラピストとして成功するためにはさまざまな分野の勉強が欠かせません。

資格は必要?

アニマルセラピストになるのに資格は不要です。

とはいえ、飼っているペットの犬を一匹連れて「アニマルセラピストです」と名乗ったところで仕事はもらえないでしょう。

子どもを相手にする場合の適切な対応、高齢者を相手にするときの対応、相手が個人の場合やグループの場合など、さまざまなシチュエーションに対応できるよう勉強しなければなりません。仕事を取るためには営業力も必要です。

資格が必要なくても、資格を取るために行う勉強はお仕事をするうえで役立ちます。「社団法人日本アニマルセラピスト協会」や「内閣府認証NPO法人日本アニマルセラピー協会」の資格取得を目指しましょう。

介護職員初任者研修等を受けてみよう

アニマルセラピストが活躍する場は、学校や病院、介護施設が中心です。

セラピー相手への理解を深めるためにも、介護施設でアニマルセラピーをしたい人は介護関連の勉強をしましょう。「介護職員初任者研修」は未経験者でも比較的簡単に受講でき、修了すれば介護職員として働くこともできるのでおすすめです。

看護士資格の取得もおすすめ

看護士資格を取り、看護士として働きながらアニマルセラピストになるという方法もあります。看護士なら収入も安定していますし、医療の知識や資格があれば病院での仕事も取りやすいです。

アニマルセラピストになりたい人は専門学校に行こう

アニマルセラピストの資格取得を目指すなら、独学ではなく専門学校に通いましょう。専門学校では在学中に研修を受けることができますし、実際にアニマルセラピストとして活動している人からお話を聞く機会もあります。

ただ資格を取るだけではアニマルセラピストとして独り立ちできないので、専門学校を通じて仲間を増やしたり実践の場を増や