アロマ系セラピスト資格
通信講座リスト

アロマ系セラピストの通信講座はアロマを使ったトリートメントや心身のケアを学ぶのが特徴。そのとき用いられるアロマはハーブであることがほとんどのため、ラベンダーやミントといったメディカルハーブについての知識を同時に学習する場合がほとんどです。

そんなアロマ系セラピストの通信講座は自分自身も楽しんで学べるのが魅力!アロマトリートメントを練習しながらスキンケアを行ったり、ハーブティーでホット一息ついたり、料理の腕をアップさせたり。ハーブを使ったアロマの癒しグッズ作りは、自宅を良い香りで包むだけでなく、サロンを開業するためのスキルとしても活躍します。

アロマセラピストとは

最近、仕事や家庭のことでストレスを抱えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?ストレスが重なってくると、身体だけではなく精神的にも疲れてきますよね。

そんな中、近年注目を浴びているのがアロマセラピスト。癒しとリラックスを与えるアロマセラピストは、現代社会に欠かせない存在と言えるかもしれません。そのため、リラクゼーションや癒しを求めている方が多くおられるわけです。

アロマサロンでは、アロマから漂う良い香りでリラックスしたり、気分転換をしたりアロマセラピーの人気は高いわけです。また、アロマセラピーでは、香りで心身をリラックスさせることで、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に高めて健康に導くという効果があります。そんなアロマを使ってお仕事をするのがアロマセラピストなのです。

それから、アロマセラピストには、アロマの知識だけでなく体のメカニズムやカウンセリング力、トリートメント術など習得する必要があります。さらには、植物から得られる精油の働きや性質などの知識を学ぶことで、癒しの提供へつなげることが出来るわけです。

このように、「人に対して癒しを提供してあげたい」「もっとアロマについて深く勉強してみたい」という人に向いているのがアロマセラピストです。

アロマセラピストの仕事

「アロマセラピーの仕事をしたい」「アロマに興味があるけどどうすればプロになれるの」そんな疑問あるのではないでしょうか?近年は、ストレス社会の影響で癒しやリラクゼーションへの関心が高まっています。そこで、ここではアロマセラピストのお仕事について紹介します。

アロマセラピストは、自然の素材から抽出した精油(オイル)を用いて、お客様に心身のリラクゼーションを提供する仕事です。
専門のアロマサロンはもちろんのこと、温浴施設やホテルまた病院や治療院などでもアロマトリートメントを取り入れているところが増えています。そのため、アロマセラピストの活躍の場は今後ますます増えていくのではないでしょうか。

その他にも、香りの持つ力を活かし、産婦人科や精神科においてもアロマセラピーは広がっています。また、アロマセラピストの知識や技術を活かして、アロマショップのスタッフとしてや精油メーカー、アロマ関連企業で広報や商品の仕入れの仕事など仕事の幅も広がってきます。

そんなアロマセラピストの仕事ですが気になるのが年収。月収では平均16万円~22万円で、年収にして270万円~320万円ほどです。アロマセラピストは、色々な業種でも活躍されていますので、その業種によって年収に違いが出てきます。

たとえば、アロマトリートメントサロンで働く場合には280万円、エステティックサロンでは260万円となっています。さらに他のサロンなどで働いた経験があれば優遇され、報酬アップの可能性も。

また、アルバイトやパートの場合には、時給1000円~1500円程度が標準的です。どのような勤務先で働くかや、セラピストとしての経験や実力がどのくらいあるかなどによって収入も異なってきます。

アロマセラピストになるには

アロマセラピストには、鍼灸師のような国家資格は設けられていません。但し、人の心身に少なからず影響を与えるため、しっかりした知識と技術を持ったうえで施術を行うことが必要になってきますよね。そこで、ここではアロマセラピストの資格を取得するための方法を紹介します。

1 専門学校に通う

専門学校に通う場合、関連する知識も身につけたり、施術や講義を直接見聞きしたりすることでスキルアップをすることが出来ます。さらに、就業サポートをしてくれるところもありますのでアロマセラピストを目指すのであれば近道とも言えます。
専門学校の場合100時間~120時間(約5ヶ月~6ヶ月)の資格取得時間が必要です。

受講の主な内容としては

  1. アロマ精油学
  2. 種類や特徴、成分効能
  3. 油の抽出方法などメカニズムや仕組み
  4. 精油が働く仕組みや人体に及ぼす影響

主に以上の内容を履修します。

しかし、その反面学費が多くかかったり(2年間で200万円ほどかかるコースもある)毎日通学する必要があったりと専門学校に通うことはハードルが高いと言えます。

2 通信講座で勉強する

通信講座は、費用を抑えながら指定されたカリキュラムに沿って勉強を進めることが出来ます。疑問点などは、メールやSNSを利用することで解決することが可能になりますので、高い確率で資格取得をすることが出来ます。また、教材はDVDでわかりやすく解説してありますので、初心者の方でも安心です。

通信講座の場合は、3ヶ月~6ヶ月程度の期間で学ぶことが出来ます。費用相場としては、3万円~6万円ほどです。

仕事の都合や家庭の事情でなかなか時間が取れないあなたにとって、費用を抑えて時間を有効に使える通信教育がおすすめです。

それでは、主なアロマ系セラピスト資格を紹介しましょう。

アロマセラピスト資格の種類

アロマテラピー検定
アロマテラピー検定は日本アロマ環境協会AEAJが認定している資格。1級と2級があり、毎年5月と11月に全国34都市で実施されています。
年齢や経験などの制限のない資格で誰でも受験可能。
アロマトリートメントアドバイザー
一般財団法人JADPが認定している資格。精油とキャリアオイルを用いた、アロマトリートメントなどの専門技術があることを証明するためのものです。
アロマの知識やテクニックを求められます。アロマテラピー検定と同時に取得できるW資格講座も人気。
メディカルハーブセラピスト
メディカルハーブとは人間の生活において役立つ植物の総称。日本では「薬草」や「香草」とも呼ばれています。
毎日のさまざまな場面でメディカルハーブをハーブティーや料理として活躍させることができ、その安全性や有用性、使用法などの知識を持っている人に与えられるのがメディカルハーブセラピスト資格です。

アロマ系セラピスト
通信講座でおすすめの3選

キャリアカレッジジャパン:アロマテラピー検定&アロマトリートメントアドバイザー講座

資格取得までの費用46,000円(税別)
最大サポート期間最長2年

キャリアカレッジジャパン

自分の肌質に合うアロマオイルを使ったセルフトリートメントや人それぞれの症状に合わせた手技などが学べ、毎日のスキンケアにも役立ちます。
ベビーアロママッサージがカリキュラムに含まれているから赤ちゃんのいる人にもおすすめ!アロマトリートメントを仕事として続けるプロとしての就職も叶う講座です。
出産準備中の女性、子育て中の忙しい女性のために、最大サポート期間が長く設定されているのもポイントです。

キャリアカレッジジャパンの
公式サイトを見る

たのまな:アロマテラピー検定1・2級対策講座

資格取得までの費用54,000円(税込)
最大サポート期間公式HPに記載なし

たのまな

サロンオーナーでもあるプロの現役アロマセラピストが講師。
生活に活かすことのできるアロマグッズ、ハーブドリンクや料理レシピなど、ハーブの活用術を存分に楽しみながら身につけられる講座です。

たのまなの
公式サイトを見る

ユーキャン:アロマテラピー検定1・2級対策講座

資格取得までの費用55,000円(税込)
最大サポート期間12ヶ月

ユーキャン

教材が充実しています。
アロマテラピー検定の香りテストに出題される全20種類の精油が全て含まれているのは魅力。

ユーキャンの
公式サイトを見る