HOME » セラピストになるには? » リンパケアセラピスト編

リンパケアセラピスト編

リンパケアセラピストってどんなお仕事?

リンパケアセラピストとは、人の体をマッサージすることでリンパの流れを改善したり、アドバイスなどでサポートしたりできる資格です。全身を通っているリンパ管は、老廃物や不要な水分を体外に排出するという、人間にとって大切な働きを担っています。リンパの流れが悪くなってしまうと、体内には不要な老廃物と水分がどんどん溜まってしまい、むくみを始めとする体への悪影響を及ぼす原因に…。

そうならないためには、マッサージをしてリンパの流れを改善してあげるのが効果的。その際にアロマオイルやジェルを使用することで、リラクゼーション効果も期待できます。リンパの流れや、オイルについての知識などをしっかりと身に付けた方を「リンパケアセラピスト」と呼びます。

リンパケアセラピストになるには通信講座がおすすめ

リンパケアセラピストになる一番の近道は、資格の取得できる講座で知識を学ぶことです。中でも、自宅で学べる通信講座は、好きな時間に自分のペースで勉強することが可能なので、非常に効率の良い学習方法といえるでしょう。資格取得試験までの流れもスームズで、講師が資格の受験方法などを詳しく教えてくれるはずです。

テキスト教材はもちろん、実技DVDはとても分かりやすく、不安なところは何度でも見直すことが可能です。

晴れてリンパケアセラピストデビュー!活躍できるシーンは?

講座で学び、無事に資格習得ができれば、リンパケアセラピストとしてお仕事をすることができます。リラクゼーションマッサージの市場は年々拡大しており、今後も安定した成功が見込める業界です。

エステサロンはもちろん、医療・福祉施設でも活躍可能。スクールの講師になる方や、アロマやハーブ専門ショップのスタッフとしてお仕事をすることもできます。また、美容と健康のためにセルフケアはもちろん、ご家族や友人への施術をしてあげることもできます。リンパケアセラピストのスキルは、日常生活の中でも癒しを提供することができるのです。