HOME » セラピストになるには? » アロマセラピスト編

アロマセラピスト編

アロマセラピストってどんなお仕事?

アロマセラピストは、ハーブなど自然由来の植物から抽出したエッセンシャルオイルを用い、アロマテラピーを行う資格を持っている人のこと。香りによる癒し効果で心身をリラックスさせ、ストレスの解消や体の不調を緩和するための職業です。仕事先として考えられるのはアロマグッズのショップやエステサロンなど。ほかにも患者のストレス軽減にと、医療や福祉関係の施設に勤務する人も最近は増えてきています。

中には自宅などでアロマスクールを開校し、アロマセラピストを育てる講師として働きだす人も。さまざまな環境で活躍を見込めるアロマセラピストですが、では、そんな職業に就くためにはどうしたら良いのでしょうか?

アロマセラピストになるためには通信講座がおすすめ

国家資格などは設けられていないものの、アロマセラピストとして人にアロマテラピーを施すには、正しい知識と技術が必要となります。そのために、まず民間のアロマ関係の資格を取得するのがおすすめ。これらの資格を取得するためには講座を受講することになるので、おのずとアロマに関しての学習も深められます。

通信講座であれば、空いている時間にいつでも自由にできますし、テキスト教材だけでなくDVDも備わっているので、何度も確認しながら知識を学ぶことができますよ。

アロマセラピストが求められている活躍の場は?

アロマについて学ぶことで、将来の可能性は大きく広がります。リラクゼーションサロンやエステサロンはもちろん、アロマやハーブを販売している癒し系のショップでも活躍できます。また近頃では、医療機関や福祉施設などでアロマテラピーを治療法として用いているところも増えてきています。

癒しブームが続いている今、アロマテラピーの認知度は以前よりも遥かに高まっています。美容室などでもアロマを使用したトリートメントサービスを取り入れている場所も増えてきており、幅広い分野での活躍が期待できます。