セラピストになるには?

人々に癒しを与える「セラピスト」というお仕事

リンパケアセラピスト、アロマセラピスト、カラーセラピスト…。近頃は、多くの種類のセラピストが存在します。しかしその根本はすべて同じもので、日常生活や職場などでストレスを受け、疲労していたり将来への不安や孤独を感じていたりする人々に、癒しを与えるお仕事を「セラピスト」と呼んでいます。

では、セラピストになるには一体どうすれば良いのでしょうか?

セラピストになるには、まずは資格を取得しよう

どんなセラピストになるにも、資格を取得することは必須です。セラピストは国家資格ではありませんので、代わりに独自の資格試験を設けることで、しっかりと技術や知識が身に付いているかを判断するのです。

資格の取得方法で一般的なのは、通信講座の受講からスタートする手段です。その内容は、 講座を修了すれば資格取得できるものや、一定の課題をクリアすることで資格を与えられるものなどさまざまです。中には最初から資格取得を目指しており、その対策を学ぶための講座も。

では、通信講座を受講するメリットは何が挙げられるでしょう?

資格取得におすすめ?通信講座のメリットとは

自分のペースで学ぶことができる

通信講座を受講する上での1番のメリットは、その資格にとって必要な知識を、自分のペースでしっかりと学べること。講座修了後に資格取得試験を受験することになるので、通信講座であれば学習スピードの調整もできます。例え学習が遅れてしまったとしても、無料でサポート期間を延長してくれる良心的な講座もあるので活用しましょう。

教材が充実している

用意されているテキスト教材はわかりやすく、知識を勉強する上での重要なポイントをしっかりとチェックすることができます。また、言葉や図だけで伝わりにくいことは、DVD教材で講師の先生が詳しく解説してくれます。
実技の多いセラピストにとって、DVDでの勉強は非常に便利。先生の手元をじっくり観察して、自分のテクニックとして身に着けるのに役立ちます。また、よく理解できなかった場合には同じ場面を巻き戻して何度も繰り返し見直すことが可能です。これは、スクールの授業ではできない通信講座の利点といえますね。

資格を取得するだけではだめ!セラピストとして大切なこと

どんなに良い成績で講座を修了し、資格も無事取得できたとしてもそれでOKというわけではありません。

実際にセラピストとして働き始めてからは、知識と経験がものを言います。人を相手にするセラピストは、心を敏感に察知できる洞察力や観察力が求められる職業。相手の心に直接ふれることになるわけですから、まずは自分自身の心にも向き合い、よく理解しておかなくてはなりません。

知識だけでなく、自分が実際にセラピーを受けている側の気持ちにもなれないと、相手は心を開いてくれないのです。経験によって人を理解することも忘れてはいけない大切なことなのです。

種類別セラピスト資格取得への道

アロマセラピストになるには

天然の芳香物質「精油」を使用して心身の疲れ・ストレスを緩和するアロマセラピスト。資格を取得する方は、アロマを日常生活に取り入れたい方から自宅サロンを開きたい方、現在プロのアロマセラピストまでさまざまです。
精油やハーブの特徴や成分を学ぶのはもちろんですが、内分泌系や筋肉など身体の仕組みを学習します。アロマセラピストの資格を認定している組織は数多く、スクールで徹底的に習いたいのか、通信講座でマイペースに習いたいのかで、組織を選ぶべきでしょう。

アロマセラピストになるには?
こちらで詳しく解説しています

カラーセラピストになるには

色の持つ心理的効果を理解し、色を使って心をリラックスさせたりストレス解消したりできる資格を「カラーセラピスト」と言います。
ファッション・インテリア業界、介護・看護職など、幅広い業種で役立つ資格です。またセラピスト講師として、自宅サロンの開業や独立することも可能。子育て中のママさんにもおすすめです。カラーセラピストの資格を持っていれば、仕事だけでなく、服選びや家具選びなどのプライベートにも活かせます。

カラーセラピストになるには?
こちらで詳しく解説しています

ヨガセラピストになるには

ポーズや呼吸法を指導し、ヨガの魅力や楽しさをわかりやすく伝えていく存在であるヨガセラピスト。ヨガインストラクターとも呼ばれています。ヨガセラピストの資格は国籍や性別を問わず取得することができ、ヨガ人口が増加している近年、常に一定の求人があるのが魅力。専門スキルや高い指導力を持つことが証明されるため、就職や転職が有利になります。認定スクールへの通学や通信講座によって資格を取得することができ、取得後はインストラクターとしてヨガ教室を開けるようになりますよ。

ヨガインストラクターになるには?
こちらで詳しく解説しています

ベビーマッサージの資格を取るには

ベビーマッサージは、赤ちゃんとお母さん・お父さんの絆を深めるスキンシップの1つです。これから初めて育児をスタートさせる妊婦さんや子育て中のお母さんから人気を集めています。そんなベビーマッサージの資格を取得するためには、ベビーマッサージの資格を発行している団体が開催する講習を受け、赤ちゃんの発育や脳の発達などの知識やマッサージの実技を学ぶことが必要となります。それぞれの認定団体で設定しているプログラムを修了したら、認定書が発行されるという流れです。

資格を取得することで、ベビーマッサージ教室を開催したり講師として活動したりと仕事の幅を広げることが可能。資格を持つベビーマッサージ講師は多くのお母さんからの信頼を得ることができるため、開業したときの集客にも役立つでしょう。

ベビーマッサージの資格を取るには?
こちらで詳しく解説しています

就職転職に有利!仕事に就きやすくなるセラピスト資格

セラピスト資格は現在仕事に就いていない人が取得するものとは限りません。仕事をしながら学び、資格取得を目指している人たちも大勢いるのです。そういった人たちの共通点が、+αのスキルを持ちたいという思い。資格を取得することで今の仕事よりさらに上を目指したり、ほかの人とは違った特技で人を喜ばせたりしたいという気持ちが強いことです。

特に近年目立ってきているのが、介護福祉施設に勤めている方々の資格取得。ホームヘルパーや介護士など、セラピスト資格を身に着けることで、より社会に貢献したいという考えの方が大勢みられます。同様にこれから仕事に就こうという人や、転職を考えている人にとっては今が資格を取得するチャンス!セラピスト資格など手に職を持っている人はいつの時代も就職に有利なものです。

数あるセラスピスト資格の中からどれを選ぶかは、現在勤めている職場や目指したい業種にもよります。ここではセラピスト系の仕事の中でも人気の高く、幅広い分野で活躍することのできる「リンパケアセラピスト」「アロマセラピスト」について詳しく解説したいと思います。

美容と健康のプロ「リンパケアセラピスト」

リンパケアセラピストは、マッサージによってリンパの流れを改善したり、アドバイスなどサポート的な役割を果たせる資格。全身から不要な老廃物や水分を体外に排出するお仕事です。リンパの流れが滞ってしまうと体内には老廃物と水分が蓄積されていき、むくみや便秘などの原因に…。リンパケアセラピストは、アロマオイルやジェルなどを使用したマッサージで、リラクゼーション効果抜群の施術を行い、多くの女性に美と健康をもたらします

リンパケアセラピストのおすすめ通信講座はコチラ

癒しのプロフェッショナル「アロマセラピスト」

ハーブなど自然由来の植物から抽出したエッセンシャルオイルを使って、アロマテラピーを行う資格を持っているのがアロマセラピスト。アロマのヒーリング効果で心身をリラックスさせ、ストレスや体の不調を和らげます。アロマグッズのショップやエステサロン、医療や福祉関係の施設に勤める人が多く見られます。中にはアロマセラピストを育てる講師として自宅でサロンを開校する人も!資格を持っているだけでも、選択肢が広がりますね。

アロマセラピストのおすすめ通信講座はコチラ